車のトラブル特集!

車に乗っていると、いろいろなトラブルに見舞われることがあります。

まずはエンジンの不具合です。走行中に、キンキンという金属音が鳴る場合は、エンジン内部での燃焼不良等が原因であることが多いです。また、エンジンオイルの油温が上昇すると、潤滑機能が低下して、シリンダ内で焼き付きが生じることがあります。

次に、足回りの不具合です。一番多いのはタイヤのパンクです。パンクは異物などがタイヤにささることによって発生します。
また、空気圧が低すぎる、あるいは、高すぎる状態で走行することによってもパンクは発生します。

また、バッテリーの不具合も発生頻度が高いです。さあこれから出かけよう、というときに、バッテリー上がってエンジンを起動できない、というご経験はないでしょうか。バッテリーの上がりは、走行距離が少なく、充電量があまりない状態でエンジンを起動するケースに起こります。また、バッテリー自体が劣化して、蓄えられる電気量が少なくなっている場合もバッテリー上がりが頻発する原因となります。この場合は、バッテリーを新しいものと交換する必要があります。

また、最近では、ハイブリッドカーも増えてきていますが、ハイブリッドカー特有の不具合も存在します。例えば、電気モータの不具合や、電気モータを駆動するためのモータ駆動用バッテリーの不具合などです。