ディーゼルエンジンの黒煙・白煙

自動車のディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンと同様に、シリンダ内で燃料を燃焼させて、その燃焼時の爆発力によってピストンを作動させて、車輪の駆動力を得るものです。
ただし、ガソリンを燃焼させるガソリンエンジンと違って、燃料として軽油を使用します。

ピストンが下死点位置にあるときに、ピストンの上側空間に空気を導き入れ、次に、ピストンを下死点から上死点位置まで上昇させて、空気を圧縮しつつ温度を上昇させます。このときに、圧縮した空気に対して、燃料噴射装置から軽油を噴射します。高温の圧縮空気内に噴射された燃料は、その温度によって自発火し、爆発します。この爆発力によってピストンを急激に押し下げて駆動力を発生させています。

ガソリンエンジンでは、燃料を効率よく噴射させるために点火タイミングが重要になりますが、このエンジンでは、軽油自体は自発火し、ガソリンエンジンのように燃料を点火させるものではないことから、燃料の噴射タイミングが最も重要になります。
そして、燃料の噴射タイミングが、理想のタイミングからずれると、排気ガスが黒くなる黒煙、あるいは、排気ガスが白くなる白煙という現象が生じることがあります。黒煙は、燃料が不完全燃焼を起こして排気ガスにススが混じっている状態です。一方、白煙は、噴射タイミングが遅すぎて、燃料が燃焼されずにそのまま排出されていまうような場合によく起こります。

コメントは受け付けていません。