エンジン冷却水の漏れ

自動車のエンジンは、シリンダ内でガソリン等の燃料を燃焼させ、その燃焼時の爆発力によってピストンを作動させることにより、駆動力を得ています。このエンジンの駆動力は、シャフトを介して車輪に伝えられ、車輪を回転駆動する動力となります。

ところで、シリンダ内では、常に燃料が燃焼していることから、エンジンは高温となります。高温のままではシリンダ内でピストンが焼き付くなどの問題があるため、シリンダの周囲にウォーターブロックを配置し、この内部に冷却水を流してシリンダを常に冷却するシステムとなっています。なお、シリンダを冷却した後の高温の水は、多数のフィンを有するラジエータに送られて、ラジエータで外気と熱交換されることにより放熱し、冷却されます。

ところで、ラジエータを含む冷却水の循環系統で、エンジン冷却水に漏れが生じると、エンジンの冷却がうまくいかなくなってエンジンの温度が上昇し、オーバーヒートの現象が生じるおそれがあります。道の路肩に、ボンネットを開けた状態で止められた車を見かけることがありますが、あれは、冷却能力低下でオーバーヒートになったエンジンを、外気にさらして冷やしているのです。
このような冷却によって一時的にオーバーヒートは解消されますが、冷却能力は低下したままなのでそのまま走り続けると再びエンジン温度が上昇することになります。冷却水温度上昇の警告が出たら、速やかに修理業者等に依頼してチェックしてもらうことが重要です。

コメントは受け付けていません。